庭のかたちが生まれるとき

庭のかたちが生まれるとき

出版社よりお取り寄せ(通常3日~20日で出荷)
※20日以内での商品確保が難しい場合、キャンセルさせて頂きます

出版社
フィルムアート社
著者名
山内朋樹
価格
2,860円(本体2,600円+税)
発行年月
2023年8月
判型
四六判
ISBN
9784845923007

徹底的に庭を見よ!

作庭現場のフィールドワークから、庭の造形を考え、庭師の生態を観察し、庭のなりたちを記述していく、新感覚の庭園論がここに誕生!



庭師であり美学者でもあるというユニークなバックグラウンドを持つ注目の研究者・山内朋樹の待望の初単著。





庭を見るとき、わたしたちはなにを見ているのか?

庭をつくるとき、庭師たちはなにをしているのか?

そもそも、庭のかたちはなぜこうなっているのか?



本書は庭師であり美学研究者でもある山内朋樹が、

京都福知山の観音寺を訪ね、その大聖院庭園作庭工事のフィールドワークをもとに、庭のつくられ方を記録した「令和・作庭記」である。



庭について、石組について、植栽について、空間について、流れについて、部分と全体について……

制作のプロセスを徹底的に観察するとともに、その造形(かたち・構造)の論理を分析し、「制作されるもの」と「制作するもの」の間に起きていることを思考する。ミクロの視点で時間軸を引き伸ばしながら、かたちが生まれるその瞬間を丹念に解読していく、他に類を見ない新しい「制作論」。



本書を読んだ後には、これまで見ていた庭や、木々や、石や、そして景色の見え方が変わって見える!



-----------------

千葉雅也氏(哲学者・作家)推薦!

庭の見方をガラリと変えてくれる画期的な庭園論であり、すごく応用の利く本だと思う。「ひとつ石を置き、もうひとつをどう置くか」というのは、絵画の話でもあるし、音楽でも料理でも、会話術でもビジネス術でもあるからだ。

-----------------

お気に入りカテゴリ

よく利用するジャンルを設定できます。

≫ 設定

カテゴリ

「+」ボタンからジャンル(検索条件)を絞って検索してください。
表示の並び替えができます。

page top