予約商品

文明と戦争 (上)

中公文庫

文明と戦争 (上)

1~2日で出荷、新刊の場合、発売日以降のお届けになります

出版社
中央公論新社
著者名
アザー・ガット , 石津朋之 , 永末聡
価格
1,980円(本体1,800円+税)
発行年月
2022年10月
判型
A6/
ISBN
9784122072756

序文――戦争の謎 

第一部 過去二〇〇万年間の戦争――環境、遺伝子、文化
第一章 はじめに――「人間の自然状態」 
動物と人間について 

第二章 平和的それとも好戦的――狩猟採集民は戦ったのか? 
 単純狩猟採集民――オーストラリアという「実験室」 
 複合狩猟採集民による戦争 

第三章 人間はなぜ戦うのか?――進化論の視点から 
 先天的だが選択的な戦術 
 進化論上の計算 
 より大きな集団 

第四章 動機――食糧と性 
 自給自足のための資源――狩猟のための縄張り、水、住まい、原材料 
 生殖 
 幕間――男性は獣か? 

第五章 動機――入り組んだ欲望
 支配――序列、地位、特権、栄誉 
 復讐――排除し、抑止するための報復 
 力と「安全保障のジレンマ」 
 世界観と超自然的なもの 
 混ざり合った動機――食人 
 遊び、冒険、加虐嗜好、恍惚 
結論 

第六章 「未開の戦争」――どのように戦われたか? 
 戦闘、待ち伏せ、急襲 
 非対称的な第一撃による殺害 

第七章 結論――人類の発展状態における戦闘 

第二部 農業、文明、戦争
第八章 はじめに――進化する文化的複雑性 

第九章 農耕社会と牧畜社会における部族戦争 
 農耕の出現と普及 
 農耕の普及における武力紛争 
 部族社会 
 部族の戦争 
 牧畜部族の戦争 
 原初の騎馬遊牧民 
 武装従者――部族からの移行における富と武力 
 首長社会 

第一〇章 国家の出現における軍隊
 地方の小国、もしくは国家形成における戦争 
 都市国家の盛衰における戦争

お気に入りカテゴリ

よく利用するジャンルを設定できます。

≫ 設定

カテゴリ

「+」ボタンからジャンル(検索条件)を絞って検索してください。
表示の並び替えができます。

page top