予約商品

文明と戦争 (下)

中公文庫

文明と戦争 (下)

1~2日で出荷、新刊の場合、発売日以降のお届けになります

出版社
中央公論新社
著者名
アザー・ガット , 石津朋之 , 永末聡
価格
1,980円(本体1,800円+税)
発行年月
2022年10月
判型
A6/
ISBN
9784122072763

第一一章 ユーラシア大陸の先端――東部、西部、ステップ地帯 
 王の馬兵――時間と空間における馬、歩兵と政治社会 
 封建制とは何か 
 準封建制と中央集権官僚軍事機構 
 国軍歩兵と騎士階級の没落 
 帝国の興亡 
 騎馬戦士とステップ地帯の帝国 
 西洋対東洋 

第一二章 結論――戦争、リヴァイアサン、そして文明の快楽と悲惨 
 強制構造と幾何級数的な発展 
 クィ・ボノ――誰の利益か? 物質的要因 
 性とハーレム
 快楽の園とその門前で炎の剣を握るケルビム〔智天使〕 
 権力と栄光の追求 
 血縁、文化、観念、理想 
 戦争――真剣な目標のための真剣なものか、はたまた馬鹿げたものか? 

第三部 近代性(モダニティ)――ヤヌスの二つの顔
第一三章 はじめに――富と力の爆発 

第一四章 大砲と市場――ヨーロッパ新興諸国とグローバルな世界 
 ヨーロッパの「相争う国家」の出現 
 何が「軍事革命」を構成したのか? 
 国家と軍隊 
 海洋覇権と商業 = 財政革命 
 市場体制と軍事能力 
 印刷工、国民、平民軍 
 近代の戦争――近代の平和 

第一五章 縛られたプロメテウスと解き放たれたプロメテウス――機械化時代の戦争
 技術の爆発的発展と力の基盤 
 富、技術、兵器
 大国と国民国家の戦争 
 帝国の戦争 
 全体主義の挑戦とその敗北の理由 
第一六章 裕福な自由民主主義諸国、究極の兵器、そして世界 
 「民主主義による平和」はあるのか? 
 「民主主義による平和」再考 
 他の関連要因、独立要因 
 自由主義の戦略政策――孤立主義、宥和、封じ込め、限定戦争 
 平和地帯としての先進世界? 
 近代化された社会と伝統的社会はどこで衝突するのか 
 非通常テロと新世界の無秩序 
 結論 

第一七章 結論――戦争の謎を解く 

解説論文――アザー・ガットと『文明と戦争』

お気に入りカテゴリ

よく利用するジャンルを設定できます。

≫ 設定

カテゴリ

「+」ボタンからジャンル(検索条件)を絞って検索してください。
表示の並び替えができます。

page top