科学と仮説

ちくま学芸文庫

科学と仮説

1~2日で出荷、新刊の場合、発売日以降のお届けになります

出版社
筑摩書房
著者名
アンリ・ポアンカレ , 南條郁子
価格
1,210円(本体1,100円+税)
発行年月
2022年1月
判型
文庫
ISBN
9784480510914

科学の要件とは何か? 仮説の種類と役割とは? 数学と物理学を題材に、関連しあう多様な問題を論じる。規約主義を初めて打ち出した科学哲学の古典。

===
数学はなぜ科学といえるのか、連続体や幾何学空間の概念はどこから生まれたか、仮説にはどういう役割と種類があるか、科学は自然に対してどういうスタンスをとるべきか――。「ポアンカレ予想」の提唱者としても名高い科学者が、数学・物理学を題材に、関連しあう多様な哲学的問題を論じる。「幾何学の公理や物理学の原理は、人間が自由に決めた定義、あるいは人間の精神が創った規約である」という「規約主義」の立場を打ち出した。科学の要件に迫り、刊行時大反響を呼び、アインシュタインら若き科学者たちを「何週間か呪文をかけられたように」高揚させたという科学哲学の古典。オリジナル新訳。
===

幾何学の公理や物理学の原理――
それらは人間の精神が創った規約である

===

【目次】
はじめに
第1部 数と大きさ
第1章 数学的推理の本性について
第2章 数学的な大きさと実験
第2部 空間
第3章 非ユークリッド幾何学
第4章 空間と幾何学
第5章 実験と幾何学
第3部 力
第6章 古典力学
第7章 相対運動と絶対運動
第8章 エネルギーと熱力学
第3部の全体的結論
第4部 自然
第9章 物理学における仮説
第10章 近代物理学の理論
第11章 確からしさの計算
第12章 光学と電気学
第13章電気力学
第14章物質の終わり
出典
索引
訳者による解説とあとがき

お気に入りカテゴリ

よく利用するジャンルを設定できます。

≫ 設定

カテゴリ

「+」ボタンからジャンル(検索条件)を絞って検索してください。
表示の並び替えができます。

page top