副田義也社会学作品集 7

福祉社会学宣言

副田義也社会学作品集

1~2日で出荷、新刊の場合、発売日以降のお届けになります

出版社
東信堂
著者名
副田義也
価格
7,920円(本体7,200円+税)
発行年月
2021年12月
判型
A5
ISBN
9784798917412

社会福祉に潜む権力構造、その誤謬と根源を捉えた先駆的研究。
福祉政策には、担い手が受け手を管理・統制するという 点において、 権力構造が内在化されている。わが国において、その権力構造は卑劣ですらあった 。昭和初 期 、内務省官僚による国民の労働 ・ 生活の統制という権力構造を明らかにした先駆的研究が、本書所収「内務省の歴史社会学」である。ここに、日本型福祉国家の源流をみる。そして 戦後から今日にかけて、人口・社会構造の変 容に伴い福祉の受け手―高齢者 、障害者、社会的弱者など―が多様化すると同時に、その担い手も官民問わず拡大してきた 。しかし、今なお、担い手と受け手の間に潜む権力構造は根強い。そして多様化した受け手たちもまた、福祉をめぐるさまざまな葛藤の中で日々の生活を営んでいる――。未公刊論文も収録した「福祉社会学」の総合的著作集。

お気に入りカテゴリ

よく利用するジャンルを設定できます。

≫ 設定

カテゴリ

「+」ボタンからジャンル(検索条件)を絞って検索してください。
表示の並び替えができます。

page top