アメリカを作った思想

ちくま学芸文庫

アメリカを作った思想

出版社よりお取り寄せ(通常3日~20日で出荷)
※20日以内での商品確保が難しい場合、キャンセルさせて頂きます

出版社
筑摩書房
著者名
ジェニファー・ラトナー=ローゼンハーゲン , 入江哲朗
価格
1,430円(本体1,300円+税)
発行年月
2021年7月
判型
文庫
ISBN
9784480510648

「新世界」に投影された諸観念が合衆国を作り、社会に根づき、そして数多の運動を生んでゆく――。アメリカ思想の五〇〇年間を通観する新しい歴史。

===
発端において、アメリカは、ヨーロッパの探検者たちが「新世界」に投影した一群の諸観念であった。それらはいかにして合衆国を築き、どのような運動を生み出していったか――。本書は、アメリカ人たちが紡いできた思想的生の物語を、国や時間や文化の境界を越える横断の歴史として描く。思想史とは、時代の問題と向きあった人びとの行為選択から彼らの知的背景を読みとること、そして彼らが生きた経験へ近づくことである。ピューリタニズムからポストモダニズムまで、あるいはトマス・ジェファソンからリチャード・ローティまで、アメリカ史に作用した観念の力を概説する画期的思想史入門。
===

【目次】
日本語版への序文

序文
第1章諸帝国の世界――コンタクト以前から一七四〇年まで
第2章アメリカと環大西洋啓蒙―― 一七四一年から一八〇〇年まで
第3章リパブリカンからロマンティックへ―― 一八〇〇年から一八五〇年まで
第4章思想的権威をめぐる諸抗争―― 一八五〇年から一八九〇年まで
第5章モダニズムの諸反乱―― 一八九〇年から一九二〇年まで
第6章ルーツと根なし草―― 一九二〇年から一九四五年まで
第7章アメリカ精神の開始―― 一九四五年から一九七〇年まで
第8章普遍主義に抗して―― 一九六二年から一九九〇年代まで
エピローグ グローバリゼーションの時代のアメリカ再考、あるいは会話の継続

謝辞
訳者あとがき
原註
さらに学ぶためのブックリスト
索引

お気に入りカテゴリ

よく利用するジャンルを設定できます。

≫ 設定

カテゴリ

「+」ボタンからジャンル(検索条件)を絞って検索してください。
表示の並び替えができます。

page top