ブランダム 推論主義の哲学

ブランダム 推論主義の哲学

1~2日で出荷、新刊の場合、発売日以降のお届けになります

出版社
青土社
著者名
白川晋太郎
価格
2,860円(本体2,600円+税)
発行年月
2021年5月
判型
四六判
ISBN
9784791773794

プラグマティズムの向こう側へ!
〓言葉の意味は推論が果たす役割で決まる”という「推論主義」の立場を打ち出したことで、プラグマティズムの議論をリードする、アメリカの哲学者ロバート・ブランダム(1950‐)。壮大な体系が醸し出す雰囲気、カントやヘーゲルをプラグマティズムに取りこむ斬新な解釈、その応用可能性などによって、言語哲学のみならず、さまざまな分野の研究者から熱い注目を集めている。議論の最前線に飛び込み、その哲学のコアにふれる、画期的入門書。

お気に入りカテゴリ

よく利用するジャンルを設定できます。

≫ 設定

カテゴリ

「+」ボタンからジャンル(検索条件)を絞って検索してください。
表示の並び替えができます。

page top