比較教育学研究 第62号

特集:コロナ禍における世界の学校教育

比較教育学研究

出版社よりお取り寄せ(通常3日~20日で出荷)
※20日以内での商品確保が難しい場合、キャンセルさせて頂きます

出版社
東信堂
著者名
日本比較教育学会
価格
1,980円(本体1,800円+税)
発行年月
2021年2月
判型
A5
ISBN
9784798916835

■特集 コロナ禍における世界の学校教育
特集の趣旨 (南部 広孝)
ユネスコによるコロナ禍とその後の教育への対応 (吉田 和浩)
コロナ禍におけるアメリカ合衆国の教育政策―連邦政府の姿勢とシンクタンクの議論― (佐藤 仁・長嶺 宏作)
コロナ禍におけるスウェーデンの学校教育 (田平 修 ・林 寛平)
コロナ禍における中国の学校教育―政策の連続性に注目して― (南部 広孝)
コロナ禍におけるシンガポールの教育対応と学校の取り組み(重松 香奈・池田 充裕)
コロナ禍における南アフリカの教育格差 (山﨑 瑛莉)
コロナ禍におけるブラジルの学校教育―その基盤にある学校観― (田村 徳子)
■自由投稿論文
インドネシアのイスラーム系私立学校“Integrated Islamic School”における知の融合―宗教知と一般知の二分法の克服―(アズミ ムクリサフ)
中国における高等職業教育機関と企業との連携―現代学徒制の実践状況に着目して―(張 潔麗)

お気に入りカテゴリ

よく利用するジャンルを設定できます。

≫ 設定

カテゴリ

「+」ボタンからジャンル(検索条件)を絞って検索してください。
表示の並び替えができます。

page top