「つなぐ」「こえる」「動く」の方法論

科学技術社会論の挑戦

「つなぐ」「こえる」「動く」の方法論

1~2日で出荷、新刊の場合、発売日以降のお届けになります

出版社
東京大学出版会
著者名
藤垣裕子 , 小林傳司 , 塚原修一 , 平田光司 , 中島秀人
価格
3,850円(本体3,500円+税)
発行年月
2020年10月
判型
A5
ISBN
9784130643139

科学技術と社会,研究者と市民の間を「つなぎ」,学問分野や組織の壁を「こえ」,課題を解決し,今後の問題を防ぐために,STSはどう「動く」のか.科学計量学や質的調査,市民ワークショップの手法などさまざまな方法論について,具体例を交えながら紹介する.

お気に入りカテゴリ

よく利用するジャンルを設定できます。

≫ 設定

カテゴリ

「+」ボタンからジャンル(検索条件)を絞って検索してください。
「ランキング」順に表示します。

page top