大規模計算時代の統計推論

大規模計算時代の統計推論

出版社よりお取り寄せ(通常3日~20日で出荷)
※20日以内での商品確保が難しい場合、キャンセルさせて頂きます

出版社
共立出版
著者名
ブラッドレイ・エフロン , トレバー・ヘイスティ , 藤澤洋徳 , 井手剛 , 井尻善久
価格
9,680円(本体8,800円+税)
発行年月
2020年7月
判型
A5
ISBN
9784320114340

本書は,統計学が過去60年間にどのように進化してきたか検証し,広範囲に俯瞰する。歴史の順に3部に分け,各章で,この分野の発展に影響があった一連のトピックスを取り上げながら,それぞれの手法的発展や推論の正当性について説明する。第1部で紹介するように,古典的推論の大きなテーマはベイズ主義,頻度主義,フィッシャー主義に代表され,電子的計算の時代以前に確立されたものである。これらに関しては,近代でも基本部分を変えず,応用範囲を拡張し続けてきている。第2部は,1950年から1990年台の初期の計算機時代の発展を取り扱う。移行期のこの期間は,統計的手法における高速演算の有効性を理論および実装の観点から検証するのが現実的であった時代である。第3部は,21世紀のトピックスであり,最新の議論を紹介する。(本文4色刷)
(Bradley Efron, Trevor Hastie: Computer Age Statistical Inference:Algorithms, Evidence, and Data Science, Cambridge University Press, 2016)

お気に入りカテゴリ

よく利用するジャンルを設定できます。

≫ 設定

カテゴリ

「+」ボタンからジャンル(検索条件)を絞って検索してください

page top