好きになる免疫学ワークブック

好きになるシリーズ

好きになる免疫学ワークブック

1~2日で出荷、新刊の場合、発売日以降のお届けになります

出版社
講談社
著者名
萩原清文
価格
1,980円(本体1,800円+税)
発行年月
2020年7月
判型
B5
ISBN
9784065190319

好きになるシリーズ初のワークブック登場!
重要事項を楽しくマスター!
まずはこの1冊で、免疫学の基礎はばっちりです。
【特徴】
□ インパクトのある大きなイラストと的確な解説
□ オリジナル確認問題で重要事項を総整理
□ さまざまな医療職の国家試験問題を丁寧に解説
□ 楽しい記憶術も満載!
□ 大好評のベストセラー『好きになる免疫学 第2版』と連携  

マクロファージ、B細胞、T細胞……。
免疫の世界で大活躍のキャラクターたちが、
読者の皆さんの学習をお手伝いします。
免疫学がもっと好きになる!

【目次】
第1話 免疫を担当する細胞たち
第2話 免疫応答の全体像
第3話 自然免疫応答
第4話 体液性免疫
第5話 細胞性免疫
第6話 自然免疫応答と適応免疫応答との相互関係
第7話 I型過敏反応
第8話 II型とIII型過敏反応
第9話 IV型過敏反応
第10話 免疫学的寛容
第11話 関節リウマチ
第12話 臨床免疫学の地図

【基礎事項確認コーナー】
 好中球とは?そもそも白血球とは?/顆粒球とは?/能動免疫と受動免疫/一次応答と二次応答/ABO血液型 
【詳細解説】 
貪食能と抗原提示能/即時性過敏反応と遅発相反応/ABO 血液型不適合輸血はなぜ危険か?/遅延型過敏反応/アポトーシスとネクローシス/一次リンパ器官と二次リンパ器官

お気に入りカテゴリ

よく利用するジャンルを設定できます。

≫ 設定

カテゴリ

「+」ボタンからジャンル(検索条件)を絞って検索してください

page top