コンビニ人間

文春文庫

コンビニ人間

1~2日で出荷、新刊の場合、発売日以降のお届けになります

出版社
文藝春秋
著者名
村田沙耶香
価格
660円(本体600円+税)
発行年月
2018年9月
判型
文庫
ISBN
9784167911300

「普通」とは何か?
現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作

36歳未婚、彼氏なし。コンビニのバイト歴18年目の古倉恵子。
日々コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、
「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる――。

「いらっしゃいませー!!」
お客様がたてる音に負けじと、今日も声を張り上げる。

ある日、婚活目的の新入り男性・白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は恥ずかしい、と突きつけられるが……。

累計92万部突破&20カ国語に翻訳決定。
世界各国でベストセラーの話題の書。

解説・中村文則

商品レビュー

評価
★★★★☆
公開日
2021年9月3日

恵子がコンビニバイトを通して世間の「普通」を吸収していく過程

"主人公の恵子は幼少期から同世代の子供たちとは違う変わった子供だった。しかし、当時の彼女は自分が少数派だという自覚は持っておらず、大学生になって始めたコンビニバイトを通して世間の普通を吸収し、自分が社会の少数派であることを徐々に自覚していく。
私はこの小説には現代に流布する多様性の希求及びそれに伴う多数派と少数派のせめぎ合いといった社会問題が投影されていると感じた。"

お気に入りカテゴリ

よく利用するジャンルを設定できます。

≫ 設定

カテゴリ

「+」ボタンからジャンル(検索条件)を絞って検索してください。
表示の並び替えができます。

page top