僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう

文春新書

僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう

出版社よりお取り寄せ(通常3日~20日で出荷)
※20日以内での商品確保が難しい場合、キャンセルさせて頂きます

出版社
文藝春秋
著者名
山中伸弥 , 羽生善治
価格
770円(本体700円+税)
発行年月
2017年2月
判型
新書
ISBN
9784166611188

どんな失敗をしてもいい。学生時代にやった失敗は絶対に無駄にならない。

――第一章・山中伸弥



ある種の小さな挑戦とか、冒険、あるいは身近で未知なるものに出会うという機会を求めていくことは、非常に大切なのではないかと思います。

――第二章・羽生善治



僕はこの仕事を始めたころ、なぜ撮るんだろうという、すごく根本的なことで悩んだことがありました。

――第三章・是枝裕和



自分にしかできないことは何だろうと、思っていたほうがいい。あなたというのは、この世にひとりしかいないんだから。

――第四章・山極壽一



あんな偉い人でも、なんだ自分と同じじゃないかということを感じ取ってほしい

――永田和宏

お気に入りカテゴリ

よく利用するジャンルを設定できます。

≫ 設定

カテゴリ

「+」ボタンからジャンル(検索条件)を絞って検索してください。
表示の並び替えができます。

page top