学問としての翻訳

学問としての翻訳

1~2日で出荷、新刊の場合、発売日以降のお届けになります

出版社
みすず書房
著者名
佐藤=ロスベアグ・ナナ
価格
4,950円(本体4,500円+税)
発行年月
2020年4月
判型
四六判
ISBN
9784622088998

忘れられた専門誌『季刊翻訳』の驚くべき革新性、次いで『翻訳の世界』がポストモダンの思想界に放ったインターカルチュラルな輝き。それは今日トランスレーション・スタディーズと呼ばれる新しい学問が、欧州とりわけ英国で誕生し展開したのと同時期のこと。共振するかのように日本で芽吹いた翻訳への学問的関心は、しかしどうしていまだ開花せず、翻訳学2000年誕生
説の影に隠れたのか。二誌の翻訳言説を追い、さらに『翻訳の世界』にかかわった翻訳家と編集者9人(辻由美、鴻巣友季子、伊藤比呂美、西成彦、井上健、管啓次郎、沼野充義、丸山哲郎、今野哲男)にインタビュー。埋ずもれた知的地層を掘りあて、学際的学問の風通しのよい未来を展望する。

お気に入りカテゴリ
カテゴリ

page top