科学者が消える

科学者が消える

1~2日で出荷、新刊の場合、発売日以降のお届けになります

出版社
東洋経済新報社
著者名
岩本宣明
価格
1,650円(本体1,500円+税)
発行年月
2019年10月
判型
B6
ISBN
9784492223901

英「ネイチャー」誌が警鐘!

なぜ科学立国は崩壊したのか!?

気鋭ジャーナリストによる渾身の書き下ろし


【様々なデータが示す日本の危機】

理工系博士の卵は半減/博士になっても職がない/大学院修了者の半数が借金苦/
優秀な人材ほど企業へ/下がり続ける大学ランキング/日本だけ論文数が減っている/
大学法人化後、研究時間が25%減少/基礎研究費割合は主要国下位


【本書の目次】

第1章 憧れだったノーベル賞
第2章 研究者がいなくなる -空洞化する大学院博士課程
第3章 衰弱している日本の研究力 -主要国で最低レベルに凋落
第4章 忙しくて研究できない -「選択と集中」の弊害
第5章 ノーベル賞が消える -研究者が共有する危機感
第6章 大学解体のとき

お気に入りカテゴリ
カテゴリ

page top